【アロマクラフト】ハンガリーウォーターをつくってみた!

アロマクラフトを習って、わたしの1番のお気に入りになった『若返りの香水』と言われるハンガリーウォーターを作ってみました!

さっぱりとした使い心地でお肌もつるつるに❤︎

Wikipediaより ハンガリー水

レシピが残っている最も古い香水と言われています。1370年ごろハンガリーの王妃が愛用した乾燥ハーブをつかったローションです。

さっそく作り方をご紹介しますね!

目次

用意はかんたん!

  • 容器300cc
  • 容器100cc
  • 無水エタノール100cc(わたしはウォッカで代用しました!)
  • ミネラルウォーター200cc
  • ろうと
  • 割り箸
  • ペパーミント(乾燥ハーブ)
  • ローズマリー(乾燥ハーブ)
  • ローズ(乾燥ハーブ)
  • レモンピール(乾燥ハーブ)

乾燥ハーブで手作りローションの素をつくる!若返りの素づくり❤︎

  1. 300cc容器にミネラルウォーターを入れる。
  2. 容器にろうとで乾燥ハーブを入れる。(ハーブの葉っぱ大きい場合は細かくして入れる)
  3. 乾燥ハーブを入れたら蓋を閉めて容器を振り混ぜていく。
  4. 容器に無水エタノールを入れる。
  5. よくふり混ぜて馴染ませる。
  6. 乾燥ハーブから抽出していくので短くても1ヶ月は冷暗所(わたしは冷蔵庫で保管しました)で保存する。時々ふり混ぜておく。
  7. 使う時は茶こしなどでハーブが入らないようにこして、別のガラス瓶などに入れ替えて保存する。

いよいよ1ヶ月眠らせた愛おしい若返りの素を使ってみる!

どんどんいい香りがしてくるので1ヶ月眠らせている間何度も開けて香りを嗅いでしまいました♪できた原液は5倍〜10倍にミネラルウォーターで薄めて使います。

原液は数年は冷蔵庫に保管して使えるので長く楽しめますよ♪

注意すること

敏感肌はアレルギーが大丈夫なのかアレルギーテストをしましょう。(腕の内側の柔らかい皮膚に一滴塗布します。1時間ほど放置しておきましょう。腕を確認します。何の変化もなければOK。赤くなっていたり変化があれば避けましょう)

ハーブの有用性・王妃の肌のはりが良くなってリウマチの痛みも緩和❤︎

ここで使ったペパーミント、ローズマリー、ローズ、レモンの作用を調べると健胃作用、鎮痛作用などさまざまな良い作用があります。王妃のリウマチの痛みが緩和されて、日毎に美しくなったというエピソードも納得ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

犬たちと暮らす一児の母。

栄養療法、糖質制限歴10年以上
ハンドメイド好き

コメント

コメントする

目次
閉じる